ようこそ、ゲスト様

0 個

世界一の生命哲学を学ぶ 池田華陽会御書30編 (第2版)

 

世界一の生命哲学を学ぶ 池田華陽会御書30編 (第2版)


新版御書のページ数を掲載。池田華陽会御書30編を収録した、新たな教学研鑽に最適な一書。

数量
- +
価格
1,000 円
カゴに入れる

商品の仕様

2021年11月18日発刊の新版御書のページ数を新たに掲載!
池田華陽会御書30編を収録した、教学研鑽に最適な一書。
要文100選を収録する。

「人間の究極の偉さは、いかなる法を持ち、いかなる哲学を学び、実践し抜いたかで決まる。『世界一の生命哲学』を持った皆さん方は、『世界一の充実した高貴な青春』を、そして『世界一の価値ある勝利の人生』を歩みゆく方々なのである」
―――池田名誉会長(「華陽の誓い」より)


●著者/ 創価学会女子部
●出版社/ 聖教新聞社
●発行年月日/ 2023年05月18日
●ISBN/ 9784412016972
●サイズ/B6判・並製
●ページ数/280


【目次】
立正安国論
 一凶を打ち破る    1  しかず、彼の万祈を~一凶を禁ぜんには。
 仏法を持ち続ける誇り 2  蒼蠅、驥尾に附して~哀惜を起こさざらんや。
 蘭室の友       3  悦ばしいかな~麻畝の性と成る。
 立正安国       4  汝、すべからく一身の安堵を~禱るべきものか。
 平和の構築      5  汝、早く信仰の寸心を~これ禅定ならん。
 折伏への挑戦     6  ただ我が信ずる~誡めんのみ。
 
開目抄
 不退転        7  法華経は一句一偈も~退転せじと願じぬ。
 忍難と慈悲      8  日蓮が法華経の智解は~いだきぬべし。
 竜女の成仏      9  竜女が成仏~ふみあけたるなるべし。
 幸福の因果      10  心地観経に云わく~現在の因を見よ」等云々。
 誓願         11  詮ずるところは~身命を期とせん。
 御本仏の大願     12  我日本の柱とならん~願いやぶるべからず。
 師弟共戦       13  我ならびに我が弟子~わするるなるべし。
 
観心本尊抄
 十界互具       14  十界互具、これを立つる~これを用いる。
 受持即観心      15  釈尊の因行果徳~譲り与えたもう。
 社会を照らす仏宝   16  天晴れぬれば~世法を得べきか。
 民衆のための御本尊  17  一念三千を識らざる者~懸けしめたもう。
 
撰時抄
 精神界の王者     18  王地に生まれたれば~たてまつるべからず。
 広宣流布の方程式   19  衆流あつまりて~もとむることなかれ。
 不惜身命の弟子に   20  されば我が弟子等~仏法を心みよ。
 
報恩抄
 恩に報いる      21  仏教をならわん者~叶うべきか。
 末法万年の礎     22  日蓮が慈悲曠大ならば~末法の一時に劣るか。
 弟子の勝利が師の勝利 23  日本国は一同の~御身にあつまるべし。
 
一生成仏抄
 妙法は自身の胸中に  24  ただし、妙法蓮華経~妙法にあらず、麤法なり。
 すべてが功徳善根に  25  仏の名を唱え~信心を取るべきなり。
 依正不二       26 「衆生の心けがるれば~仏と名づけたり。
 日々生命を磨く    27  譬えば、闇鏡も~みがくとはいうなり。
 
如説修行抄
 弟子の覚悟      28  真実の法華経の~信心を破りぬ。
 平和と幸福の社会へ  29  万民一同に~べからざるものなり。
 師の説の如く     30  詮ずるところ~まぼるべきなり。
 
顕仏未来記
 仏法西還       31  月は西より出でて~東より西に往く。
 信心の継承      32  伝持の人無ければ~帯持せるがごとし。
 御本仏の大境涯    33  幸いなるかな~この大善を進らせん。
 
種々御振舞御書
 師弟不二の実践    34  わとうども二陣三陣つづきて~申しふくめぬ。
 目の前の壁に挑む   35  一丈のほりを~こうべきか。
 強敵こそ善知識    36  釈迦如来の御ため~よくなしけるなり。
 
佐渡御書
 最高の生き方     37  世間の浅きことには~人もなかるべし。
 師子王の心で戦い抜く 38  強敵を伏して~例せば日蓮がごとし。
 師子身中の虫     39  外道・悪人は~親しみより破るべし。
 生命の鍛錬      40  鉄は炎い打てば~脱れんずるなるべし。
 信念と正義の大道を  41 「日蓮御房は師匠にて~わらうなるべし。
 
可延定業書
 生命の尊さ      42  命と申す物は~金にもすぎたり。
 健康第一の人生を   43  命は三千にもすぎて候~あらおしの命や。
 
転重軽受法門
 転重軽受       44  先業の重き~益をうること候。
 不軽菩薩の実践    45  不軽菩薩の悪口・罵詈せられ~みえはんべり。
 
曾谷殿御返事(成仏用心抄)
 自分らしく輝く    46  仏になる道は~姿を云うなり。
 謗法を責め抜く    47  謗法を責めずして~失えるが故に」はこれなり。
 不屈の精神      48  この法門を日蓮申す~衆生は田のごとくなり。
 
兄弟抄
 師と出会えた喜び   49  この経を経のごとくに~あいがたし。
 本物の信心      50  この度こそ~せめ給うこともやあるらん。
 真の孝養       51  一切はおやに~孝養の本にて候か。
 勝利の物語をつづる  52  未来までの~これにすぎ候べき。
 三障四魔との戦い   53  この法門を申す~修することを妨ぐ」等云々。
 心の師        54 「心の師とはなるとも~さばくらせ給うべし。
 
崇峻天皇御書(三種財宝御書)
 価値ある人生     55  人身は受けがたし~あげんことこそ大切なれ。
 心の財        56 「中務三郎左衛門尉は~つませ給うべし。
 人の振る舞い     57  一代の肝心は~はかなきを畜という。
 
聖人御難事
 師子王の心を取り出す 58  各各、師子王の心を~師子の吼うるなり。
 日々前進       59  月々日々に~たよりをうべし。
 
四条金吾殿御返事(法華経兵法の事)
 絶対無事故      60  前々の用心といい~存命せさせ給い
 心こそ大切      61  ただ心こそ大切なれ~いだし給うべし。
 法華経の兵法     62  なにの兵法よりも~叶うべからず候。
 
経王殿御返事
 全力を尽くす     63  師子王は、前三後一~の力」とは、これなり。
 病気に負けない    64  この曼荼羅~さわりをなすべきや。
 勇気の信心      65  ただし御信心によるべし~かなぼうたるべし。
 御本仏の大生命    66  日蓮がたましいを~すぎたるはなし。
 一切を功徳に変える  67  わざわいも転じて~疑いなからん。
 
乙御前御消息
 リーダーの一念    68  軍には大将軍を~歩兵臆病なり。
 諸天の守護      69  法華経は、女人の~ちかわせ給えり。
 心の固き       70  されば、妙楽大師~御志あるべし。
 従藍而青       71  いよいよ強盛の御志~利生もあるべきなり。
 
妙一尼御前御消息(冬は必ず春となるの事)
 冬は必ず春となる   72  法華経を信ずる人は~とかれて候。
 
阿仏房御書(宝塔御書)
 万人が宝塔      73  末法に入って~南無妙法蓮華経なり。
 宝塔と輝く      74  阿仏房さながら~かざりたる宝塔なり。
 
千日尼御前御返事(雷門鼓御書)
 妙の一字の功徳    75  法華経を供養する人は~生じ給える故なり。
 法華経を持つ女人   76  一の師子に百子あり~恐るることなし。
 師弟の絆       77  天月は四万由旬~心こそ大切に候え。
 
生死一大事血脈抄
 生死一大事の血脈   78  久遠実成の釈尊と~持つとは、これなり。
 団結の力       79  総じて、日蓮が~大願も叶うべきものか。
 民衆救済の心     80  日本国の一切衆生に~継がしめん。
 師弟の宿縁      81  過去の宿縁追い来って~ 虚事候わじ。
 信心の血脈      82  相構えて相構えて~持つとも無益なり。
 
諸法実相抄 
 日蓮と同意      83  いかにも、今度~あに疑わんや。
 地涌の菩薩の題目   84  末法にして~唱えがたき題目なり。
 地涌の義       85  日蓮一人はじめは~まかせ給うべし。
 慈悲の涙       86  現在の大難を~なみだとも云いつべし。
 行学の二道      87  行学の二道を~かたらせ給うべし。
 
上野殿後家尼御返事
 生も歓喜 死も歓喜  88 いきておわしき時は~法門これなり。
 地獄即寂光      89  夫れ、浄土というも~さとり候ぞ。
 いよいよの信心    90  法華経の法門を~あおきがごとし。
 
上野殿御返事(竜門御書)
 大願を起こせ     91  願わくは、我が弟子等~うずむとおもえ。
 
法華証明抄
 逆縁の衆生を救う   92  天台の御釈に云わく~ことわられて候。
 弟子を思う慈愛    93  鬼神めらめ~大苦をぬくべきか。
 
減劫御書
 社会と仏法      94  智者とは、世間の~智者とは申すなり。
 大悪を大善に     95  大悪は大善の~よも疑い候わじ。
 
異体同心事
 異体同心       96  異体同心なれば~諸事叶うことなし
 信心の団結      97  日本国の人々は~一善にかつことなし。
 
日女御前御返事(御本尊相貌抄)
 法華弘通の旗印    98  ここに日蓮、いかなる~顕し奉るなり。
 尊極の仏の当体    99  この御本尊全く余所に~都とは申すなり。
 仏法の根本は「信」  100  南無妙法蓮華経とばかり~信をもって源とす。
 

0120-0700-42 専門スタッフが丁寧にサポート!! お仏壇の「外観」や「仕様」についてご不明点はございませんか?まずは、お気軽にお電話ください。



創価学会 仏具・小物 世界一の生命哲学を学ぶ 池田華陽会御書30編 (第2版) 創価学会 仏具・小物 世界一の生命哲学を学ぶ 池田華陽会御書30編 (第2版) 新版御書のページ数を掲載。池田華陽会御書30編を収録した、新たな教学研鑽に最適な一書。 1,000
お支払方法について

下記の決済方法をお選びいただけます。

支払い方法
送料・配送について
10万円以上 送料・設置無料

 ※沖縄・離島は別途お見積もりさせていただきます。

【配送時間帯】
 仏壇配送時間帯
 ※一部対応出来ない地域がございます。

全国一律600円

 ※北海道・沖縄は送料800円頂戴いたします。

【配送時間帯】
 商品配送時間帯

商品のお届けについて

商品のお届けはご注文日より1週間以内となります。
※北海道・沖縄など一部地域は除く。
※仏壇や別注商品は対象外です。

返品交換について

商品到着後7日以内に、お電話(0120-0700-42)またはメール( webshop@kongodo.co.jp )へご連絡ください。折り返し、返品または交換方法をお伝えいたします。

変更・キャンセルについて

ご注文後の変更・キャンセルにつきましては、ご注文をいただいた 当日のみ お受けいたします。お電話またはメールでご連絡ください。

お問い合わせ

お電話 0120-0700-42
10:00~18:00(日・祝除く)

メール:webshop@kongodo.co.jp
※メールでのお問い合わせは24時間受け付けておりますが、ご返事は翌営業日になりますので、予めご了承ください。



カタログ請求 送料無料

カタログ閲覧

   

注文の手間要らず。生き生きおしきみ定期便

はじめてのお客様へ

送料 お支払方法 ご利用ガイド よくある質問

カレンダー

rect
4月の営業日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
5月の営業日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

黒字:営業日

赤字:休業日

スタッフの声

動画はこちら